未分類

弁護士の報酬形態

お金弁護士への報酬形態が気になるかもしれませんが、弁護士に支払う費用は大きく分けて三つあります。まずは相談料で、これは弁護士に相談した時点で発生するお金です。「相談するだけでお金がかかるの?」と思われたかもしれませんが、弁護士は高度で専門的な法律知識を有しています。その法律知識が弁護士にとっての商品ですから、それにお金を支払うのは当然と言えるでしょう。相談料は30~60分で5000円程度が相場になっていますが、これは法律事務所によって大きく変わってきます。無料で相談を受け付けているところも少なくありません。

次に必要になるのは着手金です。着手金とは依頼した事案に着手するときに必要になるお金です。正式に依頼するとなったときにはこの着手金を支払うことになります。案件によってどの程度の着手金になるかはまちまちですが、交通事故の示談交渉の場合だと着手金無料という弁護士もたくさんいます。できれば着手金無料で取り掛かってくれるような弁護士に依頼したいですね。また、案件の終了後に支払うのが報酬金となります。これも経済的利益の幅によって異なります。示談金の5~10%という弁護士が多いですが、それ以上の額になることもあります。

未分類

メリットについて

弁護士交通事故弁護士に被害の示談金交渉を依頼するメリットはいくつもありますが、一つには示談金を増額できるというメリットがあります。示談金の金額はケースによってまちまちですが、基本的に保険会社はできるだけ示談金を少なくしたいと考えています。保険会社としてもビジネスですし、できるだけ示談金を少なくできたほうが会社にとって得になりますよね。そのため、任意保険会社基準によって定めた損害賠償金を支払おうとしますし、それに納得できないとこちらが言ったところで取り合ってもらえないことが普通です。

しかし、弁護士をあいだに立てると話は大きく変わってきます。弁護士だと過去の判例などを参考にする裁判基準を用いて示談金を計算しますし、保険会社との示談交渉を有利に進めることが可能になります。任意保険会社基準よりもさらに高い金額を要求することができますし、結果的に増額できるというわけです。保険会社としても弁護士があいだに入ってきたのに強硬な態度をとることはできません。そんなことをしても何の得にもならないことは承知していますから、弁護士があいだに入って示談交渉に加わった時点で示談金を増額する用意はできているでしょう。これが一番のメリットです。

未分類

交通事故の示談

交通事故ある日突然交通事故の被害者になってしまった、というのはよく聞く話です。どんなに自分が細心の注意を払っていたとしても交通事故に遭ってしまう可能性はありますし、それが原因で後遺障害を患ってしまうこともあります。理不尽な交通事故によって人生を台無しにされてしまったという話はそこら中に転がっていますし、事故から何年も経つのにまだ示談金の交渉などが難航しているというケースもあります

交通事故の被害に遭った場合には相手に対して慰謝料を請求できます。示談金がいくらになるかはケースバイケースではありますが、やはりそれなりの金額は欲しいですよね。一般的には保険会社との交渉によって示談金が決まると思われていますが、より高い示談金を支払ってほしいのなら弁護士への依頼がもっともベストな選択となるでしょう。弁護士に相談して依頼することで示談金を増額してもらうことができます。

ここでは、弁護士に相談して依頼することでどうして交通事故示談金が増額されるのか、そのカラクリについてお話したいと思います。また、弁護士に依頼した際にはどのような報酬形態になっているのかという気になる部分についても触れていますから、今後の参考にもなると思います。今は交通事故の被害に遭っていなくてもこれから先事故に遭う可能性は十分あります。誰もがこうした事態に陥ってしまう可能性がありますから、もしそのような状況に陥っても示談金で損しないようにしっかりと読み通してください。